在宅介護をする家族に向けた勉強会について

24, 4月 2017 by SLkai7uK in 家族介護     No Comments

在宅介護で失敗しないためには

在宅介護でトラブルが起きやすいのは、介護をする現場が閉鎖的な環境になるために特定の人にだけ負担が多くかかってしまいそれをサポートするしくみができにくいということが主な原因です。

特に介護のために離職をすることになったりして常に要介護者のそばにいなければならないという状況になった人は、それまで関わりのあった社会生活や親しかった同僚たちから隔絶されたような気持にもなってしまい、そこに介護ストレスが加わり精神的に追い詰められた状態になってしまいます。

在宅介護を長く健康的に行っていくためには、まず閉鎖的な環境になるのを避け周囲のサポートをうまく利用していくということが大切になります。

そのためには過去の成功事例や失敗事例を学び、どういった方法でしていくのがベストかということを考えることが必要です。

これから訪れるだろう在宅介護への不安を払拭するためには、まずは既に在宅介護を経験されている人の話を聴くということが有効な手段となります。

在宅介護の説明会が各地で開催されています

在宅介護をこれからする人のために、今全国各地で講習会が開催されています。

介護に関連する講習会は自治体でも力を入れている所であり、専門家や実際に介護の現場で働かれている人を招いて介護の実技を体験するといったことも行われています。

どういったときに介護が必要になるかや、その介護にはどのように支援策がとられているかといったことを講習で知ることができますので実際に必要になる前に一度は参加をしておくことを勧めます。